保証人問題その後

とある人間を信用して、我が人生で生まれてはじめてたった一人だけ保証人になってしまったがために招いた不幸なお話。その後。

数社との話し合いも終わり、ン百万の借金をしてこれから6年間かけて支払うことになりました。ただ一社だけまだ確定せず、日々モンモンとしているのですよ。不安と怒りでストレスがピークのまんまこの数ヶ月が過ぎております。本当はね、1社連帯保証人がもう一人いるんですよ。でも女の子らしいんです。相手も善意で応援したろくらいの軽い気持ちで保証人になって騙されたと思うので私からは連絡とってません。

しかし支払って残るものはなにもナシ。私が購入したものでも借りたものでもなんでもないのにさ。コヤツは大手からも借りていたのでこれから向こう7年間は本人も金を借りることはできません。多少の社会的制裁というか規制を受けるのは確かなんですが、こっちは苦しい生活してんのにどうやら本人はノーノーと生活してるようです。家族は居場所を知っているようだけど言わないし関わりたくもないのでこれ以上聞く気もおきん。

こんな思いをさせられるなら、あたしゃ殺されても保証人になるんじゃなかったと後悔してます。今後は保証人を頼まれた時点で「こいつは私を騙す気で来たな」と思うことにします。保証人は金を出せば誰でも保証人になるようなぁゃしぃ会社がゴロゴロしてるんでそっちをご利用あそばせ。

あ~しかし金を見るだけでムカツク。

金捨てたろかいっ(嘘。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

Verified by MonsterInsights