あの青い草原の上で第43話[ネタバレ]

テマン殺害指示が出て、テウンは公園で発作を起こしたところで前回は終了。

最初はテウンの仕事成功~昇進のことで盛り上がります。ヨノからの昇進祝いは“青い草原の上に”建つ家の模型なのでした。

テマンを影から見つめるスノ。

でもテマンには会わずに去ります。

バス停でテマンとの想い出を走馬灯のように思い出すスノる。やがてバスがやってきて乗り込むと、そのバスの後ろにはテマンがあとを追いかけてきていたが追いつかず・・・。そしてその後ろにはキムが!

防疫会社に大量導入されて軽はスズキキャリィ平成初期の頃のタイプですね。OEMしてたんかな。それともまたパクったんか?(w。

テマンは久しぶりに家に帰ります。

しかしムンムン社長との結婚を宣言しかえろうとしますが、みんなに止められます。スノの親父たちに見つかりますが「悪党は悪党として生きて行くからほっといてくれ!」と捨て台詞を残し去って行きます。ムンムンとテマンが結婚することを聞かされていたサザエさんはストとテマンのことをあれほど反対していたのに倒れこんでしまいました。反対しつつも娘スノの幸せを願っているんですなぁ。たぶん。

いつも強気にスノを突っぱねていたテマン。やはり前回から素直になってます。「もう止まれないすまんスノ」とちょっと弱気。しかし「俺は結婚する。三つ葉のクローバーではなく四つ葉のクローバーとだ」←この言い回しはスノがテマンに書いた手紙を覚えてる人しかわかりませんね。

大粒の涙を流しながら2人の写真を焼くテマン。

しかしこんなスノみたいな子って虚像だけど居たらいいよねぇ。男の理想だよなぁ。って絶対女の子からは「そんなオンナおらんで~チッチキチ~」っていわれてるキャラだよねきっと。

テウンとヨノの結婚後の初デート(なんじゃそりゃ)は、ヨノの実家。

エランさまはなんとスンミンのやつと怪しいらしい。

というよりとりあえず“友だちとして1ヶ月”するらしい(なんじゃそりゃ再び)。

テウンとヨノは円満で、ジョンナンまでテウンを褒める始末です。

なんだよこれじゃホームドラマじゃん。ナ爺さんの横領とテマンの殺害計画を除けばさ。

と思ったところへ、またあのナ爺さんを強請るサウナ親父登場!待ってましたっ!

そしてスノは留学を本格的にするつもりらしいです。

それを知ったテマンは「関係ないね~」とユージみたいなこと言ってますが・・・。

風呂から上がったムンムン社長(なぜか化粧はしてる)の手を引き離しテマンは部屋を後にします。もったいない。

テウンがまた大きな公開入札に参加する日。

車に轢かれそうになっていた徘徊老人を助けちゃいます。

しかも頑固(^-^;

Author: kouji.baba