あと10回

毎日熊本赤十字への送り迎えと付き添いの日々もあと10回の予定だ。
親父の声帯がんが見つかって治療がはじまり、33回の放射線治療。平日毎日決まった時間に出向き治療をしていただく。昔であれば、声帯除去となり声を一生失うことになっていたわけだから、これきくらい我慢が必要だ。
でもおやじはよくがんばった。声帯の放射線治療は、声が出しづらいのは当然なんだけど、実は声帯に照射するには、食道も焼かれてしまうため、のどが真っ赤になっていて、ものを飲み込むのも本当は辛いはずなのだ。だけど親父は泣き言は言わない。俺よりはるかに強いしピンピンしてる。来週土日には水墨画のことで東京にちょっと行ってくるそうだ。さすが昭和一桁(w。
俺は運転が好きだし、仕事は悲しいかな暇なのは不幸中の幸いだった・・・というか、不幸な感じは実はしない。だって転移とかは見つからず初期の段階で治療することができたんだもの。ラッキーだったんだと思う。

Author: kouji.baba