事件です![子猫編]

家族がパートから帰ってきたところ、家の北側の奥にある物置から「ミューミュー」と泣き声がしたそうな。見てみると、壊れたドアから入って母猫が箱に子猫を置いていった模様。
これがまず1匹目。
家族が家の中に連れてきて、私がミルクをちょんちょんとやっていると、今度は家の南側から元気な「ミューミュー」という泣き声が・・・。なんと長いこと使っていない焼却炉の中に2匹目の子猫がっ!鳥に捕まったのか、はたまた雨を避けようと母猫が落としたのか…。
距離にして30メートル。
たぶん距離や状況からして、猫の引越しの途中だとは思うんですが、雨の中ほっとくわけにも行かず、とりあえず二匹を室内に入れて、体温やら泣き声やら目視で確認できる部分をチェック。
状態的にはあと数日もすれば目も開くと思う。身体は順調に発育しているようで毛並みから言っても放置されていた様子はない。むしろ直前まで母猫といたと思うほどの毛並みだ。
私は仕事をしている途中だったんで、仕事を片付けつつも子猫たちのことが気になってしょうがない。3分ほどで仕事は中断。
まず引越しの途中を想定してみた。
子猫の声が聞こえないと母猫は迎えに来ないので、広めのダンボールにタオルをモコモコに敷き詰めて、この子たちの身体にも少しかけてやった。今から2時間ほどの間はサンデッキ(もちろん屋根つき)の雨が吹き込んでもかからないところに箱ごと置いて、カラスや鳥の声に注意しつつ母猫が迎えに来ることを祈ってみる。
夕方になってもしお迎えがこない場合は保護してスポイトとペットミルクを買ってきて飼い主が見つかるまで数ヶ月間探すことになりますね。もちろん適切な引き取り手が見つからなければ家で飼うだけの覚悟はしてのことです。
できることちならばこの子たちのためにも母猫が迎えに来てくれるといいんだけれど…。
【追記】
結局雨も強かったので早々に自宅に入れてしまいました。スポイトを買いに行ったつもりが子猫用哺乳瓶やら子猫用ミルクやらペットシーツやらと買い込んでしまいました(^^;あたしゃばかねぇ。先がわかってるのに。

よく寝てます。
かわいい寝顔を見ながら仕事へと戻りますか。
23:00追記
やっと仕事終わった。今日は1日長かった。
ちょっとネットで検索してみたら「生後10日あたりで目が開くので逆算すると誕生日がわかる」という記述を発見!てことは、この子たちゃまだこの世に生をうけて数日しかたってないんだ…。

Author: kouji.baba