許される殺人事件なんてもんはない。

だけど今回の事件は凄惨を極め想像するだけで気分が悪くなる。

Y!ニュース産経新聞1月17日10時59分配信分より

「乳児が口ふさがれ死亡 母親を緊縛、数万円奪い男逃走 大阪・守口」

16日午後6時45分ごろ、大阪府守口市滝井西町の民家に男が押し入り、この家に住む無職、山中いづみさん(22)を粘着テープで縛り、室内を物色。山中さんの長男で生後2週間の禮弥(れいや)ちゃんが泣き出したため口と鼻に粘着テープを張り、数万円を奪って逃走した。

自己満のために人を死に至らしめたという点で山口の母子殺害事件をも彷彿とさせるこの事件。すこしでも人の心があるなら犯人には自首して欲しいとこだが、極刑を望まずにはいられまい。

目の前で死んでいく我が子を粘着テープで見えなかったとしても感じていただろう母親の気持ちを考えると…。

殺意認定でどうこうなるんだろうけど、この犯人は被害者同様かそれ以上の苦しみを味わって死ぬべきだ。