「障害情報」について

さっきも30分近くブログが表示されませんでした。

FTPやメール、HTTPサーバはちゃんと反応してるので、これはいつものデータベースサーバのトラブルでしょうね。

ロリポップって障害情報をトップページに載せてない(or見つけにくい場所にあるんかな)んですよね。

というわけで脈略も無く今月の障害情報です。

2006年7月1日

SV364(ftp364)

・サイト表示

・FTP接続

・メール接続

2006年7月2日

SV148接続

2006年7月3日

申込ができなくなる

※会員ページに出す意味ないど?

2006年7月3日

ロリポブログサーバー障害

2006年7月8日

SV256(ftp256)

・サイト表示

・FTP接続

・メール接続

2006年7月8日

一部ISPからのアクセスができない

2006年7月11日

SV261 (FTP261)接続

2006年7月13日

SV289(mail289.lolipop.jp)

・SMTPへの接続

2006年7月14日

SV108(ftp108)

・サイト表示

・FTP接続

・メール接続

2006年7月17日

SV81(ftp81・mail81)

・サイト表示

・FTP接続

・メール接続

さて。

これを多いと見るか少なく見るかはあなた次第。

エラーの起こらないシステムはありえないので、これだけ情報を開示しているということは逆に安心ともとれなくはないのです。だってロリポップは安物なんですから。

品質を求めるなら上位接続の共有サーバー。さらにうるさい人は占有サーバーなんか借りちゃったりしたらいいんです。たかが月々270円程度のものに品質を求めるってことは、フル積載のリヤカーで毎日東京と九州を往復しろってくらい無謀なのです。

市販品にイイものが安いということは滅多にないのです。

そこそこ使えて安いってのはいっぱいあるけどね。

車に例えればパッソとクラウンみたいなもんでしょうか。

で、もし、非契約者にもこの障害情報を開示してくれてたら…契約数は格段に減るでしょぅが信頼性は断然あがるでしょう。

ってことはこのまんまだなきっと(w。