トヨタvs熊本県警

私が大嫌いなハイラックスサーフとこれまた熊本県警の大喧嘩ですが、トヨタはなかなか認めませんなぁ。

むか~し三菱車のリコールの問題を記事にした時に書きましたが、三菱のリコール対象数は比率で言うと他社よりずば抜けて高いわけではないんですよね。

実際トヨタはサーフのステアロッドを仕様変更していたわけで、これは明らかに「強度不足を認知していた」ということでしょう。それでも認めないのは“ダメージ”を気にしているからですよね。

たかが田舎の県警がウダウダ言ったところでってトヨタの思惑がヒシヒシと伝わってきます。

まぁ「車のハンドルは車両を動かしながら切ること」って昔の教習所では教えてましたけどね。今の時代はそんなのも言わないんでしょうね。でもすえ切りは物凄く負荷がかかりますよ。ハンドパワーステアリング(=パワステ無)に乗ることがある人はみんなわかってますけどね。

それとサーフの場合は、タイヤ&ホイルをぶっといのに変えている輩が多いので当然この点についても負荷を考慮してタイヤ&ホイル交換すべきですよね。リジッドサスで車高が変わる場合はテンションロッドとかの交換を即すんだからそれくらい助言するショップで交換したいですなぁ。

先行きが楽しみです。

まっ大前提は使用者が正規の状態で使用していることってのが大事ですが、改造するならそこまで責任持たせないとだめな気もします。自戒も含めて。