「迷い猫預かってますニャ!!」@熊本菊陽?

経過報告です。
親父がご近所にチラシを配って回りましたが収穫なし。
役場の担当課にも行ってきましたが、届けはないそうです。
日曜日に地元エリアのミニコミ誌ワンネスへ掲載を依頼しました。
明日9月1日発行の熊日新聞のくまにちタウンパケットというコーナーに掲載されます。有料だけどね。
これだけのかわいい子だから飼い主さんは本当に寂しい思いをしているはず(と、思いたい。
家のラム様は本日性転換手術を受けに行きました。
明日退院予定です。
病院にも迷い猫のチラシを貼ってもらいました。
役場にあったバセットハウンドの探し犬のチラシも病院の入り口に貼ってありましたよ。飼い主さん本当に心配してるんだろうなぁ。。。
熊日新聞のくまにちタウンパケットなんですが、新聞の一コーナーで営業ものはラジオでも読まれるんですけどね、ホームページにも掲載されるそうなんですよ。
で、探していますのコーナー見たら、いっぱい同じ「探し猫」の写真が載ってて「掲載ミスかな?」と思って、よ~く掲載日付を見てみると全部違う日なんだよね。
飼い主さんはPHS付の首輪もしていたらしいんだけど首輪は外れちゃったのかな。高齢の猫ちゃんだから本当に心配してるんだろうね。見つかるといいなぁ。
迷い犬・猫ってのは、保護した次点でもう半分飼うつもりで(普通の人は)保護するわけですが、探していますのコーナーはホント見ててつらいです。ペット探偵してるタカり屋(未発見時は無料のペット探偵屋は別)もいるのでホント引っかからないで欲しいですねぇ。


ここ2~3日家の裏で、まだ授乳中の子がいると思われる、幼い母猫を見かけてます。たぶん初産だと思いますが、子どもたちが見当たりません。近所の家で飼われてるのかなぁ。だとしたらホントむかつきます。
半端な気持ちで外飼いをするようなら面倒は見たらいけません!
その行為が不幸な子どもたちを増やしているんです。
どれだけの罪のない子たちが毎年処分されているか知ってますか?動物管理事務所から貰われていく子たちの数は本当に微々たるものなんです。よく、テレビや雑誌で「かわいそうよね~」なんて暢気なことを言ってる人がいますが、そんな戯言を言ってる間も処分されてるんです。
成犬・猫なんか最短で4日間です。動物管理事務所の人たちだって全員ではありませんが多くの人たちが、さんざん苦しんで仕事しています。私が動物福祉に携わっていた時に長崎の動物管理事務所を引退された方が突然電話してこられて、涙まじりに切々と語ってくれました。「動物たちには罪はない。人間(捨てた飼い主)が憎い」と言われてました。
その現状を見てもまだ不幸な子たちを産ませるような外飼いを続けられる人は、ただの偽善者だと思います!もちろん現在生まれてしまっている子たちは責任持って飼わなきゃいけないけど、不幸な猫・犬を増やさないためにも、いい加減な飼い主には法的な罰則を課してほしいです。
現在の法律では、飼い犬が人を傷つけたり、近隣に迷惑をかけるほど不衛生な環境で飼育したり、動物を傷つけることを禁止している自治法はあるんですけど、まだまだまだまだ罰則が足りません。
そして、通称野良犬猫拡散防止条例を全国に広げて欲しいです!私が住んでいるこの町にはこれがないんです!
以上。ほざいてみました。

Author: kouji.baba