トラックバックの意味を考えよう!

トラックバックとは本来、「情報の補完」をするためのものです。
もっと正確に言うならば、「その記事を見た“閲覧者”が、その記事では情報が足らないorもっと知りたいと思った時にクリックするためのもの」なんです。
私たちBLOGERがトラックバックをするということは“その情報を補完してあげる”or“関連した意見を述べる”ということなんですね。
ですから、それを勘違いするととんでもないことが起こります。どういうことかと言えば、BLOGERではない“一般の閲覧者”の情報をもっと知りたいという意思を削いでしまうわけです。
もっとも酷いトラックバックの例は、トラックバックをクリックしたらただの販売サイトにリンクされていたというパターン。閲覧者は一見さんは別として、リピーターのみなさんはもう二度とそのBLOGには訪れてはくれないでしょう。ですから、トラックバックされた方の管理者は絶対にそのトラックバックされた先を確認しなくてはなりません。
なぜ、このようなネガティブともとれるような記事を書くのかと言うと、宣伝トラックバックで悪質なものがここ数日異常な数で増えているからなのです。ここ3日間ほどお気に入りの複数のBLOGで、ただの販売サイトからトラックバックがついているのを見かけるようになったからなのです。
昨日の「アフィリエイトで金儲け!」だぁ~っ!?にも書いたように、BLOGの性質上トラックバックを拒否することはナンセンス(古っ)だったんだけど、現在のような宣伝トラックバックがここまで増殖してしまうとトラックバックを禁止せざるを得ない状況も容認するしかなくなってきている。BLOGの最も特徴であるトラックバックを無くすことがどれだけWEBLOGを無価値にしてしまうのか。考えてほしいんだけど。。。やっぱり金儲けの道具なんかねぇ。

Author: kouji.baba