うちみたいな仕事の場合、仕事納めなんてものはなく(苦笑)年マタギ作業なるものが確実にございます。まぁ儀式みたいなものでしょうか。
具体的なことはアレですが、たとえば企業のトップページを新年のご挨拶に差し替えたり、不正アクセスはないか、板は綺麗なのか、蜘蛛は這ってないかとか、波は穏やかだったのか等々を確認して、クリアしたところで72時間分の報告書を添えて請求書プリントして、正月を迎えるのでございます。
今年はあれですね。
今もそうですが、ほんと体調に変化が多い一年でございました。
春。
不整脈が前とは違う感じ出だして調べてたみらば25000発/日となっていて、さらに心房細動の発覚。
さかのぼって考えてみたら血管障害のフシが多々あったため、急きょワーファリンを飲むことになりました。
夏。
なんとも言えない違和感で一睡もできず、病院に行ってみたらば「普通は死ぬまで持って行く」と言われていた胆石が悪さをし、9月には手術で胆嚢全摘出手術を行いました。
そして先日。
サラサラの鼻水と突然の発熱でびっくりしてたら、副鼻腔炎を劇症化させてしまってたらしく、さらに悪いことに今回はじめて発覚したわけですが、ロキソニンを半錠飲んだがために、超つらい喘息が再発。横になるだけで咳き込むので眠らない日々に突入。
ロキソニンに対してのアレルギーがわかったことで、鼻炎薬の頻度を増やし、やっと眠ることはできるようになるも、熱が1週間下がらず今日に至ったわけです。
でもね、ワーファリンを一生飲み続けていれば、心房細動が続いても脳血栓のリスクは最小限にできることやカテーテルなんとかって手術をすればそれすら回避できるらしいことが分かり、そして、胆嚢摘出で今後胆管炎を起こす可能性がほぼ皆無になったこと、さらに今後ロキソニンを飲んだら死ぬほど危険ってことが今の歳でわかったのはラッキーだったのだと思うですよ。
もしこれが、70歳(神様が手許を間違えて)まで生きた場合に発覚してたら、たぶんそこで絶命してたと思う。だからラッキーなの。そゆこと。
こんな年でしたが、いいこともありました。
一人で勝手に物事をしてきた親父が、今年私に「どこそこ行きたい」とリクエストを出して出かけるようになったこと。このために車も大きいのに買い換えました。おかげで物欲も満たせたw。
来年は別府に泊りで行こうと思い2軒ピックアップしてあります。
あと過ぎたことなので細かいことは書きませんが、身軽になりました(何。
さて。
来年2015年はどんな一年になりますですかね。
楽しみにしておりますよ。

20141231jeans

久しぶりにジーンズ買いました。 それはいいがなんでX脚なんだw