ほんとは来週だったんだけど、昨日の出血があったので慌てて予約を前倒しして、親父の付き添いが終わった後の夕方に行って来た。
まず。一番心配だった左目。



今回、患部(増殖膜)での新たな出血は見つからず、過去の出血で吸収されずに沈殿していたものが、なんらかの原因で動いて視界に入ったらしい。最終段階まで患部が悪化して除去手術となった時に除去されるものだろうということで一安心。
相変わらず患部はイキイキとしているようだが、視界に影響する部分のクリア度は変化ないそうだ。黄斑部も綺麗な状態を保ってた。私の病気の場合、最悪この黄斑部が犯されない限りはどうにかなるらしい。。
そしてストレスだった右目の後発白内障。この春いよいよ手術が決定した。手術と言っても残った水晶体を焼ききるだけなので日帰りでOK。
後発白内障は、白内障の手術をしたほとんどがなるもので、仕上げ手術とでも言った感じ。
白内障というのは…

稼動式レンズとなっている水晶体が濁る病気。加齢でも普通になるし、私のような病気だとなおさらである。
この水晶体が濁り白内障と診断されると、人工レンズを埋め込む。
ただ単純に埋め込むわけではなくて、まず水晶体の内部の濁ってる部分を吸い取り、ポケットを作ります。そのポケットに人工レンズ(老眼のようにぴんと固定になるが一番ピントが合う部分を指定できる:私のは60センチ=モニタの距離)を入れておく。そして、後発白内障の状態になったらば、レンズのポケットとなっている部分をレーザーで穴をあけてやるのだ。無論レンズがあるので目への影響はない。