iPhoneのデフォルトカメラで動画を撮る

twitcastingUSTREAMでは、車載とかでダダ漏れしているわけだけど画質はストリーミング前提なのでよろしくない※末尾参照。
つまりダダ漏れ以外での用途(あとからアップも含めて)を考えるとローカル保存前提のビデオカメラアプリじゃないと辛いものがあるわけだね。(無論ダダ漏れ用としてtwitcastingやUSTREAMは欠かせないのは今さら明言するまでもないけど)
ビデオカメラアプリを探す前に、まずはデフォルトカメラで撮った場合にどんなもんなのかを調べてみた。



結論から言うとストリーミング用に慣れてしまった目には“かなりいい感じ”で映ってるのである。携帯クラスとしては…。
映像形式は、QuickTime ムービー(MOV)。
2分13秒の撮影で、容量は58.2MB。1分=約26.3MB。30分で約790MB。60分で1.6GB。充電器は当然として宿泊旅行の場合には私のボロノートPC+外部ストレージがやはり必須っぽい。
さぁ。それでは動画カメラアプリを探してみよう。ただし無料でないと価値は半減である(www。
【訂正:Ustアプリについて】
種類がいくつかあり、ローカル保存(+Ustへのアップロードでライブストリーミングなし)を前提としたものがちゃんとありました。内容を訂正致しました。

Author: kouji.baba