iPhoneが瀕死の時…

iPhoneを都会で使っている人には関係ないんだろうが、熊本の片田舎で使ってる私の場合、3軒となりのジャスコの店内を歩くだけでネットワーク切断(webではなく電話回線のこと)が発生し通話できない状態となることがほぼ毎回発生する。
通常ならは、設定→キャリアと進めば「ネットワーク検索中」と出ておなじみのグルグルマークが動いて探してくれる。
まず基本として「自動」にチェックを入れてれば、ネットワーク切断してもエリアに入ればすぐに繋がる・・・ハズなんだが結構これが繋がってない。検索しまくっても繋がらないので途中で諦めてるんだろう。田舎だけん。
ここまでは、設定→キャリアと進んでネットワーク検索を強制的にさせていたんだけど、やはり時間がかかるし結構繋がらないものなのだ。
だからiPhoneの電源を一度落として再起動させて回線を探させて復旧させるのが一連の流れ。ソフトバンクショップのチョ~カワイイお姉さんそう説明するくらいなのでメジャーな方法らしい。
ちょっと前の話だけど、3G(私のは3GS)のCHIPSで、機内モードをオンオフしたら動作が速くなったというのを見たことがあった。
まぁ回線とは関係はないだろうが…と思い、ダメ元で試してみると、これがまた見事に復活するのだ。しかも電源オンオフしてた頃と比べたら、ビートとGT-Rくらいの速度差である(想像。
もぉ~ちょ~カンゲキした!!とひとりで叫んだ41歳の冬の出来事。

Author: kouji.baba