リアキャリア外し

トゥディの利用はせいぜいジャスコか近所をウロンコロンするだけなので、リアにカゴを乗せるかどうか迷ってる。ジャスコの買い物にはカゴがあったほうが便利だもんなぁ。
カゴをつける場合にはベースを制作して固定しなきゃだし、つけないならキャリアレスでも問題ないし…ということで、とりあえずリアキャリアを外してみた。
昔のチャンプとかJOGと比べたら今のスクーターはメットインが当たり前なんだな。しかもフルフェイス+もうちっとスペースがあったりして…。
これがメットイン部分を外してみたところ。
20091122today001
ん~実に合理的ワンダフルである。
まずメットインのバスタブみたいなユニットじたいがシートの構造体になっている。それをたったボルト4本でリアキャリアと共締めにしてありさらにそれが載ったベースフレームは低く作られていてフレームワークに無駄が無い。前向き水平のシリンダーに平べったいキャブが載りまさにフラットなユニットになっている。
トゥディはメインのキーシリンダー一箇所だけイグニション、ハンドルロック、シートロックを兼ねているのだが、このシートのロックユニットがMiniのボンネットのロックよりデカい(ww。しかしまぁよくできてるなぁ。今のバイクって。
雨だし出かけることもできないんでリアキャリアのベース制作とメット磨き&ライン貼りしてみた。必殺のビニテライン(w。なぜか血が騒ぐぜ(ばか。
20091122met

Author: kouji.baba