元々ケースは、こんなちゃんとしたものだった。値段は570円。
01
パッと見いいんだけど、まずボタンが邪魔臭かったので外した。ストラップホールを開け内部はアルミで補強してストラップを掴んでバッグから出してもOKな状態に。
02
使っているうちに、画面横の縁の部分が分厚いためタッチしにくいことがわかり、全周カットして270円のケースを固定。本体もパッチンと着け外しが出来るようになり、操作性も良くなった。
03
ただしカバーの厚み分ケースのカメラホールでは間に合わなくなったので、ホール巨大化。ついでにカワイクした(ぉぃ。
04
ついでに充電台も作ってみた。
これはどんなケースでも充電しながらタッチでき、横向きにも使えるという優れもの。
ただし最初に作ったやつは安定性が悪くてタッチできないので、見た目は悪いが安定性グンバツなものにした。
0605
カメラアプリをズームや簡易手ぶれ対応(画像の動きが安定してからシャッターが落ちるだけ)の無料のものに交換。デフォのカメラと違い強制保存ではなくキャンセルもできるので便利。