家族が交通事故に巻き込まれた。
被害者側だ。
次はなにがくる…
【追記】


事故は交差点。
家族Mは県道をスクーター(この前買ってやったばっかり@泣)で直進中。
相手の軽乗用車は横の町道を直進して渡ろうと一時停止線を越えて停止。
パニックブレーキに陥ったMは、ウェット路面のためフルロック状態で転倒し、救急車で病院へ。
最初の電話は本人(家族M)からのものだった。
M「ごめん・・・事故った」
ゴ「怪我人はいるんか?」
M「自分だけ」
ゴ「相手はおるんか?」
M「うん。車」
話を聞いていると相手も本人もまだ警察に電話してなかったようだ。
ゴ「なら警察電話せい」
どんな事故でも警察に通報しなければいけまへん。これは後々数年にわたってモメたりすることがあるので必須なのです。
ということで110番へ07:30入電。
この時点では「物損」として言ってしまったらしい。
私も現場へかけつけて見ると、本人は足が痛いとバイクに腰掛けた状態で、さらに肩を押さえていた。
この前買ったばっか(中古だけど)のバイクの側面にキズが入りミラーがひん曲がって、ライトリムが割れた状態だった。
痛みや身体について聞いている間に、本人が「頭がフラフラする」ということから、110番してから結構な時間が経過していたこともあり念のため私が110番に追電を入れる。
この時点で「救急車手配しましょう」という警察判断で、手配をお願いした(110番では警察と同時に救急車の手配もしてもらえます)。
本人が右にスベったと言うことと、右足の擦過傷、左肩を打って痛めたという点、そしてバイクの両側のキズ(左側かが多く、右側は少ない)から言うと…。
バイクはフルロック状態でバランスを失い右に転倒。かなりの傾倒速度だったことにより、バイクは右側面の膨らみ部分(ちょうどマルクなっているとこが深めに傷ついてた)を地面にぶつけた後、反転し左側に横転(長い傷が多数ついてた)、そこで本人が左肩を打ったということだろう。
これだと本人の右足擦過傷と、左肩の痛み、そしてバイクの両側のキズ、ミラーが両側曲がっていたことなどの説明がつく。
頭部ダメージはバイクの反転による加速度もあわせてあったため、脳震盪に近いダメージが発生したと考えられる。
血尿が出てることが気がかり(検査は明日)なのだが、緊急対処度の低さ(最初の機能病院から、各専門病院への紹介状を書いてもらっての外来で4軒)、本人のピンピン度などから言って、そう長引くことはあるまい。
あとは双方ともに入れ知恵をされないようにと夙に思うわけである。
自身でもいろんなパターンに遭遇したが、この“入れ知恵”がもっともモメる元になるパターンであった。
示談前なので、あとは後日…。