今日は余裕をぶっこいて久しぶりに昼寝までしてしまった。神様ごめんなさい(無宗教ですが。
昼寝をしていたら突然携帯に登録してない番号からかかってきた。
サイト制作(+アップ)のみを請け2年ほどご無沙汰していたお客さんの自宅からの電話であった。てっきり他の業者にサイト管理を頼んでいたんだと思ったらどうやら放置していたそうで、そのお客様のサイト再構築とオマケのPCメンテ、さらに他のお客様のご紹介をしてくださるとのこと。
はぁ~ありがたやありがたやどんどこどんどこどんどこどん♪
さて。
話はかわり、「向かい風は、追い風に…」ってなことを昨日の日記で書いた。


実は今回のリストラにあたって嘘をを吹き込まれた。
まぁ正確には嘘だとわかっていることなので「吹き込まれた」というよりも、なんか適切な言葉があるかもしれん。
前にもちょこっと書いたが「会社をやめた時点で30万円もらえるぞ」と言われた件なんかは、数ある“嘘”の中で書くことができる1つだ。
ただリストラを告知されてからというもの、会えば毎日のように、嫌味が聞こえてくるよな、そんな状態なので私にとっては向かい風ピープーなのであった。
他に書けないことも多々あるんだがこれは円満退社&事後のためのカードとして取っておく(www。
うちの会社はハードの販売とメンテだけではなく、webコンテンツのサービスも提供している。簡単に言えば管理契約つきのレンタルサーバ事業だ。昔よくあった運転手つきのグレーなレンタカーみたいなもんだな。無論こっちは合法だが(w。
このサービスは1年契約となっていて、先にお客様からお金をいただいていた。
だが今回の事業部閉鎖は、その期間とは合致しておらず契約破棄をすることになるので、月割りで返金し、なおかつ本来の契約期間に該当する期間次の事業者への補填が一部生ずることになった。
昨日のことである。
返金について電話でボスとお客さまが話している時に「そのお金は馬場さんにまるごと上げてください」とお客様が言ったんだそうだ。
その話を聞いて、俺、泣きそうになったぞ。
“次の事業者”については、会社も客先も私に引継ぎを示唆しているわけだが、私はまだ決めかねていることがあって請けるかどうかの返答はしていない。一時の感情で請けてしまうほど単純にはなれない。
返答のタイムリミットは来週火曜日である。
ただしこれは仕事のはなし。その前に家族というカテゴリが風前の灯だったりして(ww。
早くなにもかもクリーンにして独りになりたい。将来は孤独死でもいいから、独りのほうがいいよ。もう。ほんと。