実は前は味千ラーメンは苦手であった。
久留米ラーメンが元となるこの味千ラーメンの麺とは昔から相性が悪く、昔かんすいのみで作り上げた麺でとんでもなく胃がもたれたことがあり、味千ラーメンを食べたあと、同じような感覚に陥ることから、“かんすいのせいだ”と勝手にきめつけてた。
2~3年前、たまたまお付き合いで行くことになり覚悟して食べてみたが、胃がもたれることもなかったので、それ以降は普通に食べるようになった。今日一緒に行ったギャル(死語)や前に行った車仲間も言っていたが「昔とは麺が変わったよな」ということなのでまぁそういうことなのかなと。

パイクー麺+Bセット

パイクー麺+Bセット


で、手のひらをかえすようだが、味千ラーメン、チェーン店にも関わらず?!これが実にうまい。麺肌とスープの絡みは絶妙で、パイクーは豚角煮の赤身の部分のような感じだがトロットロ。さらにBセットは子供の拳くらいありそうな唐揚が二つつく。この唐揚は若鶏ではなくて、私が好きな脂質の少ないタイプ。昔はこんな肉質のが多かったのだ。
この味千ラーメンは、私が生まれた昭和43年創業の重光産業が昭和47年にはじめた事業で、あのチィちゃんマークは、当時の社長の娘さん現在重光産業取締役広報室長重光悦枝さんなのである。
>>東経ビジネスフェア 2007 特別講演会|地域経済の活性化・企業の事業発展に貢献・展示会&特別講演会
なぜか私も行ってたりして(汗。しかも司会は塚原まきこさんだっりして。さらにさらに実は重光悦枝さんは元ミミーキャスターだったりして(ウフ。

http://www.youtube.com/watch?v=OGdR2SkH6Cw
>>味千ラーメン JapanSite