かなり遅れたが、映画「宇宙戦争」を見た。

トム・クルーズが、兄と別れさまざまな状況にもまれて不安になってる娘にブラームスの子守唄などをせがまれても唄ってやることができず、涙をいっぱいに浮かべるシーンがある。
ストーリーとは関係なく、響いた。
この映画では、トム・クルーズはただの普通の親父を演じている。
これが逆に新鮮でいい。格好わるい親父。キャパの低い親父。パニくる親父。泣く親父。そして子供のことを最優先にしてしまう最強の親父。
等身大のおっさんを演じるトム・クルーズに新たな可能性を感じたね(大げさ。
トライポットは日本でもサービスを提供していたが(w。三木谷くんが消したな。