一年目の手紙

先日の「一年目の手紙“>初恋の人からの手紙」の第2弾「一年目の手紙」やってみました。

ゴンさんの恋人からお手紙が届きました。
今日で付き合ってちょうど1年だね。
節目だし、たまには真面目に自分の気持ちでも伝えようかなと思って、手紙を書いています。
とはいえ、何から書こうかな…。ゴンの部屋の引き出しから謎のブラジャーが出てきた話?(笑)
そこ触れるとかわいそうだからいいや、面白いけど。
ついこないだ、喧嘩したよね。
ゴンの携帯を私が勝手に覗いたら「おれの携帯は、おれ以外が開くとココの糸が切れて分かる仕組みなんだ!」ってゴンが怒り出して…。
そういうところ、気持ち悪いよ。確かに携帯覗いたのは私が悪いけどさ、トラップ仕掛けるなんて普通思いついてもやらないよね…。友達に言ったらみんなドン引きしてたよ(笑)。
ゴンのことさ、最近では、正直何を考えているのかさっぱり分からないんだ。あまり気持ちも言わないし、それどころか、そもそも口数も多くはないもんね。たぶん、こういう手紙をもらうことすら好きじゃないんだと思う。面倒なこと嫌いだもんね。電話もメールも自分からはしない、会いたいとも言わないしきっと思ってもいない、それがゴンだもんね。
だから最近は、私ばっかりいろいろと考えすぎている気がして、自分に疲れちゃうんだ。もっとコミュニケーションをとりたいし、どう思っているのか、伝えてほしい。このまま別れちゃうのかなって、最近はすごく不安なんだよ。
ごめん。もっと楽しいこと書くね・・・記念日なのに(汗)
ほんとはね、ゴンみたいなタイプは、べつに好きではなかったんだ。頼りがいなさそうだし、いつのまにかいるってだけで、そういう意味では勝手にクルマに乗り込んだ無害な霊みたいな感じだった(笑)。
でも元カレの件でいろいろあった私にとっては、あのころのゴンは、癒しだったし救いでもあった。だから今でも感謝してる。
ゴンが言ってくれた「喧嘩をするかもしれないけど、喧嘩と同じ数だけ仲直りをすればいい」ってセリフを今も信じているから、私はこれからもゴンを好きなままでいられそうです。ゴンもこの気持ちを覚えていてくれたら嬉しいんだけどな。
これからも決して平坦ではないと思うけど、この一年間のように、お互いを信じて乗り越えていこうね。それと女子高生が階段にいるとき、さりげなく見上げるのはやめてね(笑)。
ではでは、これからも末永くよろしくお願いします。ゴンがいてくれてよかった。ありがとう。
P.S.ちゃんとおへそ洗ってね。

ゴンさんについての分析結果は以下の通り。
【こんな問題ありませんか?】
◆女性の気持ちを分かっているようだが、頭で分かっているだけだ。
◆こんなに相手のために努力しているのに、という思いを抱えながら文句を言われることが多い。
◆最終的には自分からふるか、別れる方向に話を持っていくことになる。
【分析と課題】
ゴンさんは男性の中でも理想的に恋愛上手なほうだと思われますし、自分でもそう感じているかもしれません。男性らしい男性であり、しかも女性の気持ちが分かる「賢さ」を持ち、それを恋愛にも活かしてきた人と言えるかもしれません。
しかしそれでも付き合っていればいつのまにか不満をぶつけられる側になるし、内心ではわりとすぐに相手に飽きているし、しかしすぐ別れてとっかえひっかえという性格でもないので(基本的には義を重んじるほうで、優しいのだと思います)、「(気持ちはともかく)うまくやり抜く」という恋愛スタイルに至るものと思われます。
ゴンさんは、恋愛を頭で考えているほうだと思われます。こうすればいい、こうすべき、で生きてきたゴンさんは、自分の中にある「こうしたい」「こう感じたい」を大事にしていないものと思われます。それは社会においては美徳のようですが、恋愛においては相手を寂しがらせるのです。
「相手を幸せにしてやりたい」という気持ちと「面倒くさい。自由がほしい」という気持ちが同時に存在しながら付き合いを続け、相手や経緯にもよりますが、わりと長く付き合ってから別れるタイプだと予想されます。「頼れるイイ男。でも遠い」それがゴンさんの彼女になった人の感覚ではないでしょうか。
【恋愛キーワード】
「喜び下手」「余裕」「女慣れ」「人間味あり」「ふる側」
【最後に】
ゴンさんは、しっかり者であり女性を引っ張っていくタイプだと思われますので、あまり恋愛で困ることはないのかもしれません。しかもおそらくは「賢さ」を持っていて、自分の思考、思想に、自信を持っていることと思います。
そんなゴンさんに何かをオススメするのはあまり効果的とは思いませんが、最後に我々の主張だけ書かせていただきます。
我々は、恋愛をある程度体系立てて捉えていて、その知識を皆さんと共有したいと思っています。「英会話」を学ぶときに、文法や単語知識などを同時に学習したほうがはるかにスキルアップが早いように、恋愛もただ経験しているだけでは何十年もかかるものが、学習を同時に行うことで1年や2年という時間で身に付くと考えています。
恐らくあらゆる方面で「人並み以上」であるゴンさんにとって、「恋愛」というジャンルの知識はまだまだ未開拓ではないでしょうか。ゴンさんが恋愛に困っていなくても、我々は、恋愛学習にお付き合いいただきたいと思っています。

>>一年目の手紙

Author: kouji.baba