EeeTopまもなく到着!

Eeeシリーズといえば、パーツメーカーとして馴染みのあったASUS(アスース)のネットブックが有名だ。
現在では在庫があれば初期モデルは3万円以下。通信カード込みで無料ってのもある。まさにUMPCの普及に貢献したブランドのひとつ。UMPCというよりネットブックの方が有名か。
Eeeシリーズにはいろいろあって、ノートタイプは1000番台が先月末に出たが、その前からデスクトップにセットボックスのように置くEeeBoxってのもあった。そして遡るが本国では去年の夏に、タッチパネル液晶一体型のとんでもないモデルが出ている。
eeetop
これは、凄い価格攻勢であり、ヘタするとタッチパネルモニタの価格でPCがついてきちゃうくらいのシロモノ。
うちみたいな会社には評価機なんかまわってこないので、サンプルとして購入してもらっちった♪
2月に注文受付だったが、JapaneseEditionは2回ほど延期されたが、やっと週末に出荷するらしい。
当面はハードなテストとなるのでお外では遊べないが、これもまた仕事だからしょうがない。いやほんと仕事だからね。遊ぶわけじゃない。
テスト完了後、クリーンインストールをしてカスタマイズし会社のフロントに置くことになる…かな。
自分のサブ機としては、実機を触った限りではASUS、NEC、SOTECとサイズ違いで富士通のを触ったけどSOTECはよそうに反してかなりよかった。動作も軽く感じた。さらにSOTECはブラインドカナ入力の人でもキーピッチがキツくないんだな。通常のUMPCはアルファベットと数字以外のキーは幅を狭くしてあるから結構使いづらいのだ。昔の富士通のA5サイズノートみたいにエンターキーより外に「ろ」「め」があるタイプよりはいいけどね。
>>Eee Top製品ページ
>>ALL-IN-ONEタッチスクリーンPC「Eee Top」発売日決定のお知らせ
>>ASUSTeK Computer Inc.
 
 

Author: kouji.baba