人間万事塞翁が馬

人間の禍福は変転し定まりないものだというたとえ。人間万事塞翁が馬。
〔補説〕 「淮南子(人間訓)」から。昔、塞翁の馬が隣国に逃げてしまったが、名馬を連れて帰ってきた。老人の子がその馬に乗っていて落馬し足を折ったが、おかげで隣国との戦乱の際にも兵役をまぬがれて無事であったという話から(大辞林より)
人間(じんかん)=人ではなく世間。塞翁=爺さん。あとは文字通り。
この爺さんの馬にまつわる話をベースとして、たとえ世間から見たらネガティブなことでも本人がポジティブに捉えることができれば、本人は幸せと言えるわけだ。
でも役に立てなかった息子の気持ちや、お爺さんの心理状態を想像してみると…ん~実におもしろい。
さて。俺はどうだ。

Author: kouji.baba