日本版も同時公開されたのでチェックしてみた。
090321_190201
>>Internet Explorer 8: ホーム ページ


概論とかマニアックな部分は、技術屋さんのブログに任せるとして!?、もっとも私的に気になっていたIE7の時のようなIMEの動作不良は今のところ発生していない。
使用していて「おっ!?」と思ったのがFF(FireFox)でもあった、過去に消したタブの復活。そしてSAFARIで実装されている「開発者ツール」というサービスが追加されているとこか。ただ開発者ツールに関しては、アクセサビリティ面でのツールがないのは次に期待する。
ツールバー配置の自由度についてはFFも2→3になった時にかなり下がってしまってるので、IE7の時のようにイラツキを感じることはなくなった。
またプラグイン追加によって、結局また重くなってたFFとIE8のデフォルト+googleツールバー追加、基本アドオン追加&有効化の状態で比べた場合、とんでもなくIE8が快適になってる。まぁ当然か。
このエントリーを書いている間に1度もIMEの不具合が発生していないというだけで、かなり快適になった気がする。いやほんと。この動作を待ってたのよ。
「IEはク○だ」と言ってたご同輩。是非一度試していただきたい。
【追記(使用3日目)】
やっぱク○かもしんない。
先読みをしすぎてるのかグラフィック系の負荷が凄い。日がごとに負荷が増加してる気がする。同時に複数のブラウザを立ち上げてみても同様なので、回線速度というよりも描画性能だろう。なんかブラウザ単位で描画性能を計測できればいいんだけど、そんなの見たことないからなぁ。既知のIMEの問題については、極めてたまに出る程度なんでまぁガマンできるね。IE7よりずっとマシだ。メインはやっぱFFに戻すか。