セルボ子の治療

入院中のセルボ子、タイミングベルト(とモロモロ)の交換、ステアリングギアボックスの交換、ストラットの交換をした。
この内、簡単なストラット交換作業だけ自分でした(w。だって他の部分は命に関わる重要な部分だし、メンドイし(ぉぃ)プロに任せるのが一番だと思っている。プロの腕を信頼して委ねるってこと、これ大事なことなのよ。
実はショックの抜けも一因なんだけど、ガタを発生していた最大の理由はココ。名称を「アッパーマウント」というらしい。
この上皿の下にあるドーナツ状の巨大なOリングが、潰れて磨耗してワッシャーみたいな形になり、ショックのトップで固定されている皿がカコンカコンと動く状態だったのだ。もちろんショックも抜け掛かっていたのでストラットごとの交換は正解なのである。
今回の作業では、フロントバンパーを外して作業されていたので、ついでに普段手が届かないところを綺麗にして防錆加工しといた。何ヶ月しか効果ないだろうけども。
というわけで、Miniのミニゴンはもう1日足車として働いてもらう。
そして明日、セルボ子のストラット治療をして、ミニゴンと入れ替えていよいルーフに穴あけする準備なのだっ!

Author: kouji.baba