復活の呪文

スキトキメトキス(違。
セルボ子は治療することにしました。
理由。
最大の理由は、買い換えるにしても20万程度(あればだけど)でセルボ子以上のボディとエンジンの程度の車とは経験上そうそう出会えない。他に車検が22ヶ月ある、足回り以外での“致命的”不具合がない、ステアリングギアボックスは意外と安い、S自動車のご好意で工賃も思ったより安くしていただけた。
今回の治療目的「不具合と不安点の解消」。
ステアリングギアボックス(スプラインのオス一部欠損状態)とユニバーサルジョイント(スプラインのメスもたぶん磨耗状態)の交換。走行距離が不明となったことによりイミングベルト、オイルシールなどの交換でエンジン本体への不安はほぼ解消。
サス抜けは、“抜けなし”ということでヤフオクに出ていたストラットassyを5千円でゲットしたので自分で交換(作業は簡単。
ブレーキ時の軽いジャダーに関しては、初期よりもかなり軽減されてきたことから、もしかしたら納車時に記載されていた“交換”は中古だったかもという思いもあり(=すり合わせができていないためのジャダーか)もうしばらく様子見。
そんなわけで本日より入院。
借りてきた代車は私がS自動車に押し売りしたセルボモードだぁ(w。
かなりクタビレてきてるけど、セルボ子よりステアリングのガタが少ないぞ。でも年式が古いだけあってエンジンのガサつきがあって、パワステがたまにしか効かなくて、さらにセルボ子よりサス抜けてる(www。
さらに明日からはMini@足車生活が復活!(嬉)

Author: kouji.baba