遅い連休なのだ

3月に会社には届けてたけど、いよいよ私のGWが明日よりはじまるのでございます。
今日はもう自宅に帰ってきたので、さっそくMiniのワイパーを雨降る中、屋根の下で(w)修理開始。
まぁ間違いなく、コラムスイッチのどこかだろうとは思っていたので、バラして配線チェック。金属片などの異物がショートしてたりとかもなく、特に問題は見当たらず・・・。一度スイッチを入れてみたらば直ってる!?
こういう再現性が低いトラブルが一番やっかいです。
しかしあれだけワイパーが完璧に動きまくってたのになぁ。
もしかして別に純正のワイパーリレーとかあるんかな?
しょうがないので一通り気になるとこに手を入れることにした。
まずはコラムスイッチの裏側の裸の端子類を絶縁。異物でショートカットすることもあるからですね。
それと前のオーナーがつけた間欠ワイパーリレーを装着する時に試行錯誤したのを物語る(切っては接続の繰り返しをしてつけたらしいのね)、各接続部分のビニテとか、エーモンの簡単配線コネクターとかを外して、配線を丁寧に編々して、プライヤーで潰して整形(これ重要です。できることなら半田したいくらい)し、絶縁チューブ。これを何箇所か繰り返して、無事格納し終了。
あとは症状が出ないことを祈るだけだぁ。
そうそう。簡単配線コネクターだけど、エーモン以外のも使われてました。

ちょっとボケボケですが、なんと真ん中に針があるんですね。エーモンの両脇を“こそいで”はめるものと大違いに接触率がよくなります。ん~これはすぐれものかもしんない。
若い頃にエーモンの簡単配線コネクターで痛い目にさんざんあった(種類があるのを知らなかったのよね)私としてはこの手のものは避けてましたけどコレだったら使ってもいいかなぁ。ただ効率は悪そうなのは一緒だけど。

Author: kouji.baba