子猫観察日記[2日目]

朝のミルクまでは実に静かに寝ていた。
ちょっと肌寒かったかなぁ。

ミルクをやっと飲ませて、おしっこさせて、しばらく見ていたら、なんとなくクロの左目の部分に小さい点が見えた。リキんだ時だけだけどちょっとずつ開きはじめてるのかも・・・。

クロはなんだかミーなみに元気に泣き始めました。
今朝の発見はミーが自分の手を舐めてたこと。見てる間ずっと舐めてました。
まさかこんなうちから身づくろ・・・かと思いましたが、たぶんミルクが垂れてたのかもしれません。
【追記20:38】
午後から仕事の知り合いへ任せ、午前中に会社へ行き、野暮用をやっつけて夕方帰宅。部屋に戻ると振動で分かったんだろうか。ドアを開けて近づくとミャーミャーと大合唱がはじまった。
哺乳瓶からの授乳にも少しずつなれたようで、二匹ともやっとゴクゴクと飲んでくれるようになってきた。どちらかという意外なことにクロよりもミーの方が飲むのはうまい。でもクロも両手でモミモミするなどしっかりと猫らしい仕草を見せてくれた。
クロの目は、ほんのちょっとだけど開いている時間が増えてきたみたいだ。
ミルクをやったり、おしっこをさせたり、じゃれさせたりしていたら知り合いも帰ってきた。
ここまで情がわくと里子に出せるのか不安になってきた。
やはり用事の途中も気が気でなく、ベタ子の時に設置していたライブカメラをまた復活させようか悩む。まぁ「2匹も4匹も一緒だけんそん時ゃ飼うたい」と言ってくれてはいるが。
さっき風呂から上がったらまた鳴き出したんで、箱の中に手をそっと入れてやったら二匹ともこのゴツくて小さい手に乗っかってきた。

こんな小さい猫でも温もりを感じるんだろうね。人間よりも素直だね。

Author: kouji.baba