無事昨日Miniが帰ってきました。
パワーダウンは予想していましたが、強化バルブスプリングを入れたおかけで私にとっては理想的な特性になりました。
まず印象としては、ショートストロークの1000キャブのようにスムーズにまわります。5000以上でも軽く吹けます。ただしウェーバー特有のパーシャルから踏み込んだ瞬間のドッカーンというのは皆無になりましたので、いわゆるスムーズな走りとなりました。
まぁ90キロまではアッという間なのは一緒ですが。
ちょうど1000キャブのイメージのままトルクアップした感じですね。非常に軽快で、パワーを使い切って走りたい私には最高に近いです。
もちろんまだまだ修整はしていきますけど。車高も上げなきゃだし。

次の飼い主へと渡ったウェーバーも無事咆哮をとどろかせてました。やっぱ調子よさそうだねぇ。