日本映画史上最多と言われる映画を作り、幾世代にも渡り娯楽を提供してきた監督に心より謹んで哀悼の意を表したい所存。