また被害者だけが苦しむ事件が発生している。

先週「許されざる事件」で書いた乳児殺害強盗事件の被害者である母親が自殺した。

自身も緊縛され目の前で死んでいく我が子を救ってやれなかった無念があったんだろう。

乳児殺害強盗事件の犯人への憎悪は増すばかりだ。

大胆かつ幼稚なこの事件を起こした犯人について捜査の進捗状況の報道がまったくされていないところも気になるとこだ。

理由は推察できるがあえて「警察はなにをやっているんだ」と声を高らげてしまう。

(追記1)大阪府警は強殺事件対策本部を設置していたがニュースアーカイブで確認する限り後追い記事は出ていない。

(追記2)後日、遺書が見つかったという報道があった。そこには、「子どものところにいきます」「子どもが生きがいだった」という記述があったそうだ。ほんとうにやりきれないよ。