仕事で市内の観光地を撮影してきましたんで、ケータイスナップです。

画像と文字数が多いのでケータイだとエラーになると思います。

水前寺成趣園(通称:水前寺公園)

全国的に有名でも地元の人はなぜかあまり行かない観光スポットの代表的存在。

その理由はわかりませんが、外国人の方々には好評なようで、撮影中も気さくに台湾からの方から声をかけられました。他にも中国とか韓国からも見えられているようです。

ただし敷地に入ってすぐのカメラ屋さんたちは、観光客に怒鳴りすぎです。カメラ屋さん自体が日本の方じゃないようなんですが、「ダメ!」「そこ撮影する!」「座るな!」と東海道を模した庭園を見ようとしている一般の観光客を怒鳴り散らしてました。

なぜか私は怒鳴られませんでした(近づいて来た時に見つめあったせいでしょうか)が、どうやら集合写真を撮るお客さんの団体を優先したいようですね。嫌だわ。

ただし他のエリアのカメラ屋さんはちゃんと挨拶してくれてお店のおばちゃんたちも優しい方たちばかりでした。「あらなんかの撮影?」と言ってきたおばちゃんは、KABの番組で踊ってたらしいです。

熊本城

本日より秋の祭りです。400年ということで地元ではほどほどに盛り上がってます。明日から2日間は、RKKラジオ祭りが併催されるんですよ。

こちらも外国の観光客の方たちでいっぱいでした。言葉は違いますが、喋り方などは日本のおばちゃんとまったく一緒でしたね。なんだか嬉しかったです。

カメラが壊れたおじさんが来てお手伝いをしましたが、とてもフレンドリーでお迎えする側のこちらが気分よかったです。

金峰山の頂上

熊本市から、東は阿蘇山、西は金峰山が見えます。「熊本市の子は迷子にならない」と戦前に言われていたのはこの山たちのお陰で方角が分かりやすいからとも言われたそうです。

現在は、電波塔が乱立する山として、熊本市近隣の人たちは見ているわけで、私も毎日遠くから見てました。

実際この山には用事はなく、麓の歴史的観光地をめぐる予定でしたが、「ちょっと行ってみよう」という軽い気持ちで向かいました。

峠の茶屋を過ぎてしばらくして左折。ず~っと上ると「第2駐車場」が見えその先は“車両進入禁止”の看板がありました。

やむなく駐車場に車を止めて「あと300m」と書いてある案内を見て「こんぐらいなら近いけん行ってみよか」と上り始めたのがいけなかった。山道の300メートルってのは1時間はかかりますわよ(^^;

恋をした相手が他の男と遊びに行っちゃった時のように心臓がバッコンバッコンいってました。

やがて、頂上付近に到達すると、エンジン音がする。。。

なんとみなさん標識を無視して車で上ってらっしゃる!犬の散歩までしてる方たちがいらっしゃる!

一気にチカラが抜けました。

まぁだからと言って私が次回車で上がるかと言えば、そんな根性はミジンコほどもないのでやっぱり徒歩で上がりますけどね(w。戻りは車道を徒歩で下りましたが、3台ほど車が通って行きました。

霊厳洞のちょっと上の公園にて。

またしても目的地の手前に車を止めてしまい、山道を苦労して歩いて行きました。霊厳洞に行かれる方は車で下に下りればすぐに霊厳洞近くまで行けます(拝観料は有料で駐車場は5台分程度です。

これでほぼ目的は終わりカエリミチ。

天水で凄く景色がいいポイントを発見!

夕陽まで居たかったけどまだ昼ごはん食べてなかったので下山。

今日もがんばってくれたAZワゴンと熊本港で夕陽をバックにパシャ。

お疲れ様でした。