何も罪のない勤労な女性が、ネットで知り合った3人に突然拉致・監禁・強盗・殺人・遺棄されたこの事件。

遺族のみなさんに犯人への死刑を求める署名が10万人以上集まっているそうだ。名古屋地裁に提出される。

これが人の心というものだと思う。

いつものように普通に玄関を開けて「ただいま~」と帰ってくるはずの家族が、突然なにも連絡なく帰ってこず、言葉にもできないほどに苦しく不安な日々を過ごしている時に、惨殺されたことを知ったら、私であれば相手への殺意どころか自分を失うと思う。

死刑反対と言ってる方たちってどんな気持ちでこの事件を見てるんだろう。

あんなことを家族がされても相手を許すんだろうか。

ただ私なりの妥協点として無期懲役の間死ぬまで拷問をしてくれるなら、死刑はなくなってもいいかなとは思う。それだけのことをした人間だもん。当然の報いだ。

冤罪はもちろんいかん。それは死刑廃止云々の前の問題。

ただ山口母子殺害の逃げた弁護士のように確信犯が死刑を逃れるために法の隙間をついて刑を減刑させようとするのは絶対許せない。

>>署名についての説明サイト(署名はプリントアウトして郵送することになります)

プリントしてでも集まったということは普通のネット署名とは明らかに違う怒りの気持ちを感じます…。

>>被害者のお母様からマスコミへ公開された手記(一部)

このような事件に国選じゃなくてつく弁護士は知名度と金のためならなんでもするんでしょうが、犯罪者なみの人間にしか私には見えませんよ。ほんと。