公売オクでセルボゲット♪

毎度毎度の車道楽カテでございます。

本日、ヤフオク公売オークションでゲットしたセルボモードを受取ました。

>>ゴン家のアルバム「セルボ入庫」

私が言うのもなんですが「安い車がほしいから」と安易に公売オークションに手を出すのはやめましょう。

まず「税金を滞納しつづける人」が乗っていた車であること。そんな人がメンテナンスにお金をかけてると思いますか?地方への委譲によって滞納数ヶ月で差し押さえが来るようになった昨今。わざわざこの手の車に手を出すからにはリスクを承知で金を出しましょう。

FF車であれば最低でもドライブシャフトとハブベアリング、オイルなどの消耗品などは全交換は当たり前と考えるべきです。前述のようにメンテに金をかける人が滞納しているとは思えません。もしちゃんと滞納はしててもメンテをしている人でしたらよほどの車好きか事業を失敗したり突然の債務を抱えてしまった人くらいしかいないでしょうから。

さて。今回ゲットした車。

平成6年1月登録のセルボモード5ドアタイプM。オートマ。F6Aキャブの12バルブSOHC。52馬力。走行96000キロ強。車検は平成21年の1月まで。

当然私も数万円の追加費用が発生すると思って引き取りに行きました。

すえ切り時の音は皆無=ドライブシャフトはOK(車検時にシャフトブーツも交換してありました。走行時のハブの音もしません。車検時にオイルとエレメントも交換済み。念のためF6Aキャブ車でよく問題にされるフューエルエレメントを発注済み。

その他の部分では下記の部分除きまったく問題はありませんでした。

まず1速に入りません。もともと低ギア比なのでストレスはまったくありませんが、坂道発進などではモタつきそうです。これはATコンピューターの故障でたまにあるものなんだそうで、早速手配しました。中古で3500円。メーターの奥のパネルの下にあるので、パワステモーターユニットごと着外しをするのでユニット確認はかなり大変でした。今度の装着は少しだけスムーズにいくでしょうけど。

アイドリングが高すぎ。だいたい1000回転後半です。これはオートチョークが働いているためでF6Aではよくあるそうです。構造的に内部のシステムなので修理はできません。中古のキャプが2000円であったので手配済み。装着はもちろんプロにお願いします。

見た目は、内装はかなり綺麗でした。「13年前の車としては」という前提ですが。エンジンルームはバルクヘッド付近に錆も見え、かなりキチャナイ。明日スチームで洗ってきます。外装はもうそれなりですね。バンパーの角には薄いキズ。ウインドフィルムは長年の熱で歪んでこびりついてます(近いうちにドライヤー使ってはがします。一番目立つのがリアゲート。薄いヘコミが3つ。2センチ程度のキズが2本。Fフェンダー左右には小さいハゲが2つ。基本的にステッカーで誤魔化します。

他に、SRターボ用のリアスポ(送料コミで2800円)、ウッド調ホーンボタン付ステアリング(500円)もゲットしました。

【本日の作業】

各不具合の確認。Rテール球左右交換。メーター内ATインジケーター交換。

【連休中の作業予定】

スチームで洗いまくり。メンテしまくり。悪いところ探しまくり。ウインドフィルムはがしたい。

ちなみに「売るつもり」とは申しておりますが、自分のおもちゃにしつつ「買い手がつけば売るけど~」というスタンスです。売れなければそれはそれでいいのです。車検が切れたらしょぶんするだけです。“自分が乗りたいと思う車を買う”これポイントです。保険もハロースイスなとこにもう手続きは完了したので明日から有効です。

Author: kouji.baba