なんとなくニュースサイトを見ていたら、「元夫の姉の夫と不倫」という見出しがあって、どっかのタレントのことかとクリックしてみた。

そしたら、人生相談のコンテンツでした。読売オンラインの。

いまさらながらですが、こういったものの重要性ってのかな。感じましたのよ。

こういう自分とはあまり関係ない人の人生相談を見て、回答を見てなんとなく勇気をもらった気がします。

悪く言えば私が下世話なだけなんだけどね。

やっぱ悩み事を抱えてるのは自分だけじやないってのがわかるだけでも救われる気がしました。

>>人生案内 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ここの先生方の話ってのは「ん、ごもっとも」という意見が多く、悩みを抱えた人のナビゲーターとして非常に優れた人財がそろっている気がします。

ちなみに、お坊さん、心霊学者なんかも、私的にはナビゲーターに位置します。

信じるも信じないも最後は自分で決定しなければいけません。

ただ“それ”で安堵する人がいる限り彼らの存在意義は否定できません。