夜間のヘッドライトは下向き(ロー)にするのがフツーだと思ってました。

でも、上向き(ハイ)が基本なんだそうです。法律的にも。

ただマナーの観点から、対向車がいれば下向きにするということには変わりないそうです。

でも普段は上向きにすること。

なんでいまさらこれが叫ばれだしたかというと、ハイとローでは60メートルもの到達距離に差があるそうで、より危険を早期に察知できるからということなんですね。

・・・ほとんどの人が夜間、空いてる道で走行中に上向きにしてて、対向車が来ても下げるのを忘れた経験があると思うんで、対抗光源があれば自動的にローにするシステムがあればいいのになぁ。これをすべての車が実行したらたぶん「(下げ忘れた)対向車のライトがまぶしくて・・・」って事故が増えそうな気がする。

それと、車のライト自体下向きを前提にしているものがあって、上向きにした時に4灯同時点灯になってたり、HIDは下向きにしかついない(上向きは専用バルブ)などのものもある。またレンズのカットも無制限にされている領域だから対抗歩行者が眩しいってのもある。「車が優先だ」ってのを押し付けてる気もする。バッテリーの強化なんかも必要だろうなぁ。家のは2台とも普通のH4のだしバッテリーは両方とも新しいので心配はいらないけどさ。

別に反対してないですよ。私も対向車と対抗歩行者が確実にいないと思われるとこでは上向きにします。よく見えるにこしたこたないですからね。

ただあまり「上向き」を奨励するとライトの切り替えを確実に履行できるかが問題になりそう。

県警の広報などではそのあたりが曖昧で個人の判断だけに委ねていますね。

結局は下向きのままにする人が多いと思うなぁ。