私がはじめてこの人を知ったのは、mixiの足跡「糖尿太郎さん」でした。

名前は、川田隆一さん。

生まれてすぐに全盲となり、今にいたる(早っ)わけですが、その川田さんが書いた、【怒りの川田さん ~全盲だから見えた日本のリアル~】という本があります。

図書館で読もうかな~と思いましたが大学まで行かないといけないので、買う事にしました。

「バリアフリーとはなんなのか」本当に考えさせられますが、あのポイントを境に気がつくのが、すべてが上から障害者の人を見ている現実の社会です。

私は子供の頃からの親友がリウマチで養護学校やリハビリ施設によく出入りしていたんで多少は理解していたつもりでしたがまったくの間違いでした。

真のノーマライゼーションの実現は双方が本音で語らいあうべき。

まさに必読本だと思います。

内容

第一章 嘘のような本当の話

1 盲導犬も家出する、盲導犬も野グソする!

2 僕は透明人間?

3 下北沢駅誉め殺し事件

4 二〇年以上前からNHKは低俗だった!

第二章 街で見つけたバリアフリー詐欺

1 全盲では使えないATMにこれ見よがしの点字!

2 お一人ですか攻撃、スローリズム強要の電車に飛行機

3 受信料半額、情報半分の公共放送

第三章 地獄行きグランプリ! 日本代表候補者リスト

1 声に出して罵りたい日本の馬鹿医者

2 鉄道会社は殺人鬼だ! ~僕のプラットホーム転落デビュー~

3 くたばれ! ざーますボランティア

4 ハローワークには人生を託せない

第四章 ブラボー!! 泣く子と障害者には勝てませんから

1 女性専用車両だけど、障害者だからどすけべな僕も乗っていいんだもーん!

2 障害者だって何でもできるぞ! 全盲おやじのセクハラは「むちむち混浴ギャル」

第五章 不思議な障害者大集合

1 これぞ夫婦愛! 妻と連れション全盲お父さん

2 テレビ携帯電話でシャケのおにぎりを捜索!

第六章 剥がしてやるぞ、健常者の化けの皮!

1 臭いものには蓋をしろ、醜い目元はサングラス!

2 差別する人は頭が悪い!

3 こんな大馬鹿者は海外旅行に行ってはいけない

4 障害者で幸せ確認!

第七章 そろそろ本音で話そうよ、本当のノーマライゼーションを目指して

1 障害は個性なんかじゃない!

2 障害を売り物にしてなぜ悪い?

3 腫れ物からの脱却

4 それでも、産んでくれて、育ててくれてありがとう!