(たまにはSNSの日記から転載w)

映連が昨年の映画動向を発表しました。

日本国内で公開された作品は邦画417本、洋画404本。

総興行収入は邦画前年比131.8%の1077億5200万円、洋画は948億200万円。

というように邦画が21年ぶりに逆転勝利したそうです。

【邦画】

1. 「ゲド戦記」 76.5億円

2. 「LIMIT OF LOVE/海猿」 71億円

3. 「THE 有頂天ホテル」 60.8億円

4. 「日本沈没」 53.4億円

5. 「デスノート/the Last name」 52億円

【洋画】

1. 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 110億円

2. 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」 100.2億円

3. 「ダ・ヴィンチ・コード」 90.5億円

4. 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」 68.6億円

5. 「M:i:III」 51.5億円