38歳初日

なんだよ誕生日ネタ続くのかよ(^-^;

本日は、無事お気に入りの土地鹿児島にて38歳になり、一日ドライブして帰ってまいりました。(画像に関しては別の「ゴン家のアルバム」にてアップしますね。

道中は、熊本空港のレンタカー屋さんの営業所を昨日夜に出発。熊本の繁華街、RKK、宇土のラ○ホみたいなイルミネーションを見て、あとは海沿いをダラダラと南下。南薩摩にて朝を向かえ、海沿いを走り回って、ジョイフル雑炊の朝食。もちろんごぼうの唐揚は欠かせません。そしてフラワーパークでカートで観賞し、徒歩でまた観賞(w。この世のものとは思えない貪欲さで餌を食べる鯉たちと戯れて、これまたテーマパークのレストランとは絶対に信じがたいほどの味と器を出してくれる、レストラン「花音」で「鹿児島黒豚とろとろ豚骨カレー 」を食べました。なんとこの黒豚、5時間もオーブンでスパイシーに焼いてから、特製カレーとあわせてるそうです。巨大な肉の塊がドド~ンと載ってて、そのデカイ肉が箸どころかスプーンの重みで崩せそうなやわらかさなのです。1500円と高いように感じるかもしれませんけど「コイツと行きたい」と思う子と鹿児島に遠出するならばぜひとも、むじゃきの「白熊」とともに食べていただきたい、いや、これだけを食べるために鹿児島に行っていただきたいようなそんなうまさです。はい。

で、結局なんだかんだとフラワーパークだけで1日が終了。そそくさと帰路へ。熊本空港でレンタカーを返して夕飯食べてただいま帰宅しました。

と、長い前置きはどうでもいいんですが(いいのかよ。

多少の運もあったと思いますが、みなさまのお陰様を持ちましてどうにかこの歳を迎えられることとなりました。私の苦労なんてほんのミジンコ程度でございます。本当に私に関わっていただいたみなさまのお陰です。

「20歳を過ぎるまでは生きてね~よ」10代の頃の口癖でしたが、ここまで長生きしちゃってます(^-^;不思議なもんですね。

16のバイク事故の時、誰に言われたかが思い出せないんですが、記憶喪失だった頃に言われたような気がする(遠いな)忘れらない言葉があります。

「あなたがあれだけの事故で助かったのはなにかしらの“使命”があったんだよ」※

その言葉の意味はいまだに解ってません(^^;

ただ16のバイク事故では暴走宗教家の車に巻き込まれ脳挫傷でヘルメットの中は血の海だった(←看護師さんに後から聞きました)のに助かり、10トンダンプとオフセット衝突しボンネットをダンプが乗り越えて自分でフロントウインドーを突き破っても助かったこと。

「きっとなんかあるんだ」※とのぼせ上がってます。はい。

そしてさらに思っていることは「次は絶対無いからな」と。

いい女やいい車との出会いと一緒ですね(ぉぃ。

これからも自分に恥じない人生をちびちびと歩んで生きたいと思います。

まぁ偉そうな能書きタレたって、40手前のただのおっさんですのでそこんとこは大きな懐でヨロシコ♪

※ちなみに宗教とかの活動はしてません。無宗教です。ごめんなさいね。悪気はまったくないです。

Author: kouji.baba