魚って意外と考えてるんだな~と思う。

家の階段を上がってきたところには3畳ほどのスペースと窓の棚があって、そこには大き目の水槽に金魚が2匹いる。下から上がってくると最後の5段くらいまでは、いつもの通りにプヨプヨ~っと泳いでいるこの金魚たちも、私が近づいてくると途端に2匹でダンスをするようにクロスして手前側を泳ぎだす。それも半端じゃなくビビッド。

ベタのベタ子(オス)は、私が朝起きてしばらくデスクでボーっとしてると最初は寝てるんだけど、やはり敏感に動き出す。あたかも「餌くれよ~ん」とアンガルーズの田中さんの声を被せたくなるような怪しいビビッドさだ。

なんで「“餌くれよ~ん”と思っているのか」と感じたかと言うと、餌ケースをベタ子には後ろ向きにして水槽の近くに置いてるんだけど、餌くれダンスをしていても、私がその餌ケースを摘んだ途端“ビッ”とこっちを見つめてるんですよ。まったく微動だにせず(ヒレはピロピロしてますけどね)。

一連の行動を見ていると「あっこいつは餌くれるんだ~」って意識してるんだと思ったわけです。