光市母子殺害事件の弁護士

日本初となる「出頭在廷命令」が出されたそうです。

被害者を愚弄しただけでなく、加害者の権利をも無視し、己の“ライフワーク”とやらを優先した、死刑反対の人権派弁護士。名前は知らん。書きたくもない。

自分たちの顔をさらけ出して弁明記者会見までしていましたが、あれで納得した人はどれくらいいたんでしょうか?少なくとも私にはいじめっこの言い訳程度にしか聞こえませんでした。

まぁ1歩譲って、加害者の心境の変化があってそれの調査で時間が必要だったために、ライフワークを優先してまで裁判から逃げたことが正当化されたとしよう。

今回ももしまた弁護士が逃げた場合は、裁判所は過料に処し、所属弁護士会か日弁連に対して処分請求ができるそうだ。

Author: kouji.baba