迷走する平成電電

昨日のニュースで、ドリームなんとかって会社が平成電電へのスポンサーをすることを辞めたんで“もうダメぽ”ってニュースが出てたけど、平成電電のサイトでは1月の「サービスは継続するので安心しろい」みたいのが出たままだった。

で、さっき、Y!newsに「“弁解の余地はないと思っている”平成電電清算へ社長が謝罪」てのが20時55分づけで出てました。

まぁ昨日のニュースで出てたことだからそのまんまスムーズに落ちてんだなと思って、公式サイトをチェックに行った(←web屋の宿命としてサイトの状態を確認したいのですよ)ら、17日付けのNewsに「ドリームテクノロジーズ株式会社に対するスポンサー契約に基づく資金支援の要請について」と長ったらしいタイトルのが出てたんです。

どうやら「ドリームなんとかが平成17年12月28日にスポンサー契約してたのに“金を出さない”状態が続いたためこうなったんやで~っ!」と、まさにブチギレしてるのであります。

しかも「なお、お客様にご利用いただいている「CHOKKA」,「電光石火」等の電気通信サービスは、今後もご利用いただくことができますので、ご安心下さい。」なんて書いてるもんだからこれは責任を転嫁したいんだろうなぁ(´Д`;)

で、その矛先の金を出さないパパさんのドリームなんとかって会社ですが、見解としては、日本テレコムと平成電電の一部業務の提携不発が発端でツメが甘い会社だから相手にならんということらしいです。

お互いの言い分を見るとお互いがいい加減な会社に見えますが、所詮その程度の会社同士ってことでしょ。

で、サーバとしては、平成電電の勝ちです。

ドリームなんとかはプアー過ぎます。

まっどっちも関わりないんでどう転ぼうが関係ないね~♪

ってか自分のケーヤクがいつまで続くかってことの方が心配なんですけどぉ(T-T)

いつまでも、あると思うな、仕事の契約と国民年金。

Author: kouji.baba