能天気なニュースの影で…

熊本の動物園で猿がサクラをパクパクと食べる映像が夜のニュースで流れ、真珠商法では1000人が騙され、コンチネンタル航空には14歳を買春しといて「犯罪ではないと思った」なんてヤツがいて。。。

春になるとネタも能天気なものがいろいろと増えている。

そんな時も心痛めるニュースは続いている。

赤穂市では幼い母子家庭で新聞配達にでかけた母親のいない間に火災で幼児が死亡した。

幼い子を残して仕事する親というのは、本当に心が裂ける想いだと思うのですよ。でも心配してても子供たちを養うことはできないわけで、心配しつつも生活のためにがんばって仕事して。それなのに命が奪われた。。。

一部の番組で“母親を責めるコメント”が出ていたが、それは違うと思う人はいないのか。悲しいメディアだな。

明石歩道橋事故の遺族に対しての、最高検担当事務官の“社会常識に反した対応”がニュースになってた。そういえば常識に反した対応と言えば、熊本では某社会保険事務所は有名だよね。複数の人たちから聞いたよ。

国歌斉唱時の教員の着席問題。

私も国歌自体は好きだけど、強制されたり全員が“国歌のために”規律正しくするのはなんか違うと思う。ただし我のために生徒に「自分の意見のためには規律を乱していいんだよ」というような姿勢は、少なくとも教育する立場の人には許されないと思う。それなら最初から出なければいい。そして終わった頃に戻ればいいだろう。

こういうアピールは会社を辞めたいけど辞められなくて「俺はこの会社辞めるから」と業者や同僚にいいふらす人間とレベルが一緒である。黙って去ればいいのだ。

なんてことをエビマジュをヒーヒー言いながら食べつつほざいてみました(仕事しろよ。

Author: kouji.baba