眼科に行った

いつもの月1回の眼科外来。

先月の出血から、右眼には大きな変化が現れた。

視力低下は0.5まで落ちた(左は変化なし)。

左目より右眼のほうが、すべてのものが遠くに見えるようになった(収差)んだけど、これは硝子体が萎縮しているためだそうだ。

現在、網膜は引っ張られていないので剥離の兆候も無く問題ないんだそうだが、大量出血の可能性は前より高くなったらしい。

ただし「収差は回復するでしょう」とのことでした。

それと【この萎縮は悪化しているものではない】そうです。何度も聞き返しましたが悪化ではなくて良くなる過程だろうということです。ただしその代わりにさっき書いたように「大量出血の可能性」は高くなったんだそうな。

とりあえずは様子見ということでまた来月。

・・・でもね。

ネットで「硝子体縮小」で検索するとみんな失明する方向で書いてあるんですよ。でも私としてはセンセーを信用しているし、病院も信頼している病院だしここは信頼して信用していくしかありません。センセーが関西人(私の場合、過去の経験で関西人で悪い人に当たったことがない)ってこともあるけどね。

そうそう。

それと夜に目が見えにくかったのがどうも最近は回復してるみたい。

正確に言えば、前は左右の目で明暗の収差があったのが無くなって、距離感の収差が出てきたって感じです。因果関係は知りません。たまたまかもしんない。ただし色の収差は多少改善しつつもまだまだです。前は蛍光灯と白熱灯程度の差がありましたが、現在はトヨタのスーパーホワイトとホワイトの差程度があります。

Author: kouji.baba