おやすみ前のベッドから

「再起可能」という地元熊本のアナウンサーが書いた闘病日記を読んだ。かなり前に買ってあったけど読んで無かった。
彼は国立生まれで13年前に熊本にiターンして放送業界に入りレポート中に不慮の事故にあって半身麻痺を経験。現在は苦痛を堪えて歩けるようにまでなっている。
先日番組でお会いしてた時はまだ本を読んでなかったので気さくな人にしか見えなかったけど闘病中は相当な心の葛藤があったことが読んでとれる。
エピローグには「ポジティブに感謝する」ことが書いてあった。
私の経験とオーバーラップする所が多い人だ。

Author: kouji.baba