廃墟と廃線

廃墟ブームというのがあるらしい。
先日女子高生が連れ込まれ殺されたことでクローズアップされてた。
大谷石の採掘場の後のように活性化する可能性がないのであれば、オーナーは廃墟を即刻解体すべきで解体できないオーナーには罰則を与えるくらいのことをすべきではないのかと今回のクローズアップで思った。
私もネットでよく廃墟サイトを探訪する。
でもいわゆる心霊系廃墟は嫌いだ。
廃墟の魅力というのは、怖さではなくて、物悲しさなのである。そこにはかつて人々の思惑があり、繁栄があり、衰退があり、生活の基盤でもあったのだが、現在は元のコンクリート打ちっぱなしの状態であるということ。これはその場所で起きた出来事の歴史を現しているんです。
私が訪れるほとんどのサイトオーナーはその点に配慮した上で散策をし保全を呼びかけている。でも犯罪に使われることも事実であり今回の事件はたまたま殺人事件があったからということでクローズアップされているが、カップルが追剥に会うとか、恐喝に会うということは、しょっちゅう起こっていたりするわけだ。残念だが。
それと現地で人の気配を感じたからってやれ幽霊だとか怨霊だと騒ぐのは勝手だがほとんどは、ヤンキーかレゲエの親父である。
(余談)
関西のとある著名な心霊術師の方と話をしたことがあるのだけど、私がこのホームページで「霊というものは実態としては存在しない。いわゆる“念”なのであり昔で言う第6感である。だから悪さもすることはあるがほとんどは無害であり怖がることはない。虫の報せや悪霊生霊などと勝手にわけられているがそんなことはない。すべては“念”である」と書いたら、なぜか突然電話をくれて1時間ほど話をしたその人は私の考えを支持してくれた。
廃線サイトもよく訪れる。熊本と~まるさんの中にはきくち電車クラブという全国でも有名なサイトがあるんだけど、その延長線上に予定されていた宮原線とか興味ぶかいものがいっぱいある。他にも山鹿温泉鉄道とか熊延鉄道などいろいろあるんだけど、もっと面白いのは未成線。いわゆる未着工路線。熊本では阿蘇の高森~高千穂に抜ける予定だった路線などがある。
年末年始暇な方は是非こういったデータベース散策をされることをオススメしたい。ハマこと間違いなし!
>>山鹿温泉鉄道のY!検索結果
>>熊延鉄道Y!の検索結果
>>きくち電車クラブ

Author: kouji.baba