ラストなクリスマス

「あんたには私がいないとダメかもね」
→この時点でうるうる。
「今度は私が片思いする。あなたのことを思いながらがんばるから・・・」
→くぅ~っ言われてみたいねぇこんちくしょ~っ。
ただいまケンジが山の上。
「こんなところまでひとりで来たのはお前だけだよ」ガイドが言う。
→ここで初回放送のシーンと重なる。
この手法は前にも見たことがある。
まっそれはいいけど。
なんなのよ。このエンディングは。
もしかして最初の予定と変えた?なんで終わり方がアメリカンなノリなわけ?そりゃ~ね途中前回までのストーリーでは“泣かせるかもしれないよ”って雰囲気を醸し出しつつそうでないってのはよく判ってたわけさ。だからハッピーエンドに輪をかけたくらいのハッピーかと思ったらムツゴロウ漁のように水平線を無難にすべるというか、抑揚のないストーリーでエンディングしちゃってんじゃん。US映画のエンディングを見てるかのようだった。
あいや~。敵をいっぱい作っちゃったかなぁ。

Author: kouji.baba