嫁姑問題

地元の番組で嫁姑問題が盛り上がっている
ただし出てくるリスナーからのコメントはほとんどが不満やそれに対する対処などネガティブなもの。
まぁ当然である。人と人が一緒に暮らしていれば不満が出ないということは、よほど頭がいいか、気がきかない人か、ストレスフリーな人でなければありえない。書けばキリが無いので番組メッセージに反応するのは止める。
ただ、ひとつ。
コメンテーターは、よほどしっかりした意思がない限りいい加減にこの問題を取り扱うべきではない。
メディアというものはインパクト勝負だから、3種の神器と言われる「優越」「エロス」「ネガティブ」というキーポイントに群がる。それで数字(視聴率や聴取率)が取れるのだからしょうがない。商売なんだから。
私たちがその情報に触れた時、それがすべてのように感じてしまうことがある。
でもインパクトのある情報というのは、実際には氷山の一角どころか、全宇宙の星の周りを周る恒星の一つ程度にすぎない程度の情報だ。すべての出来事には些細なことから繋がる因果関係が存在し結果として、インパクトが走る。
そのプロセスを無視した(というか、いちいちやってはいられない)メディア記事に踊らされることのないようにしっかりとした目(耳)でメディアに触れて欲しいと願っています。

Author: kouji.baba