平成元年は二十歳でトラックドライバーをしながら迎えたわけですが、この頃は仕事は夜中過ぎまで走って夜明け前には出庫というのが普通。当時はなんちゃら協定なんてものとは無縁で働けばそれだけお金がいただけるよい時代でした。

平成4年には母の療養と父が定年だったこともあり思い切って家族で熊本へ。私はIターン移住というカタチ。たまたまコネがあったので不動産管理の会社も興して夢ばかり追っかけてました。

平成6年の頃になると元請けの煽りをくらって不動産事業部は閉鎖。残るは趣味でしていたショードッグのバイヤーのみになり、日本初のペット送迎専門で営業ナンバーを取ってペットの便利屋を立ち上げ、販売、ホテル、美容室、病院、短期駐車場を兼ねた総合ペット村の企画も出して熊本空港近くの土地も決まったところでニュースの森やRKKラジオからの取材も受けました。

平成7年阪神淡路大震災が起きた時に転機がまた訪れました。この時にいてもたってもいられず(営業ナンバーを取得していたこともあり)県に許可をいただいて5日目には荷物を満載した車で現地入りしました。
そこで出会った車椅子ダンサーのなさっちをはじめ多くの人たちとの出会いや現地での経験…。

ペットで金儲けすることはしたくないという判断に至りました。

そして不動産管理にいた頃に取得した警備員指導教育責任者の資格を生かしてゼネコン系不動産管理会社に入り半導体液晶製造装置メーカーの警備員になったのでした。

安定の会社員になると、欲が出るもので趣味だったパソコンを生かしてはじめたのが今の生業であるwebコーディネータの仕事でしばらくは兼業でして、平成12年に独立しました。

そして気がつけばいろいろとあっての平成31年がもう終わろとしているのでございます。

ただただ親や出会ったみなさん、ご縁が繋がった方たちにもそうでない方にも感謝なのでございます。はい。
IMG_20190419_140339