猫のチョビまた発作

二年前、地震の後からはじまった発作。
突然低く大きな声で鳴きはじめ伏せて微動だにしなくなる。瞳孔も開き息も絶え絶えで心音も不整脈を打つ。
私はなすすべもなく声をかけてさすってやるだけだ。
なでていると落ち着くのかやがてゴロゴロとなりはじめてしっぽも動かそうとする。
なかなか起き上がれないが何度か繰り返して起き上がり歩こうとするがフラフラ…。
これが数十分続いて突然すくっと立ち上がり食事とトイレをするというのが数回あった。純の時も同様な状態で老衰だと言われていたことや掛かりつけだった先生からも運命と思って納得するしかないと言われるほどだったので何度も覚悟をしたが…。

今朝はさすがにもうだめかと思った。
今朝、チョビが大きい声を出しながら動かなくなって…お漏らししながら声が小さくなって…呼吸もしなくなって…感謝の言葉をかけながら覚悟を決めて念入りに全身マッサージをしてブラシかけてやっていたら、トロンとしていた目がパッと見開いて息を吹き返した。
餌を食べるまでは一時間以上かかったけどトイレもしたのでちょっと安心してこれを記している。

今回はじめての症状であるおもらしを自分でも気にするようでずっとで舐めていたが、やがて顎まで平にして伏せて寝ている。この姿勢が楽なのだろう。

どうか苦しみが続かず快方に向かってくれればと今回も祈っている。ただやはり覚悟をしている。正直、悲しいいし苦しいがチョビのために俺ももう少しそばにいてがんばる。親父の介護の時同様本人にできるだけのことをしてやりたいと思う。

(2018.05.31追記)
朝、久しぶりにミニタワーで遊んでた。このまま回復するといいな…。

Author: kouji.baba