昨日、オートチョークを外して、ニードル突っ込んでアルミ板で塞いだ。
そして今日は装着。

img_20161106_112629

まーエンジンかけるまでは大変だったわよ。
フロート室空っぽだし。加速ポンプがあるわけでもなし、またアウターインテーク塞ごうにも追加で2つ穴を追加してた☆んで無理だしね。
でもどうにかかかりました。

ホンダ汎用の社外オートチョークをヤフオクで4日に落札して支払いしたけど、出品者から連絡一切こない。こまったなぁ。
とりあえず配線だけギボシ端子化しといた。

2016-11-06-12-58-33

そして気になっていた配線のつっぱりを再度確認。
突っ張ってなかったw。
ただフルバンクしてもテンションがかからないようにうまくほぐして、位置などを細かく修正した。

2016-11-06-12-58-47

バキュームホースも純正同等品に交換(念のため)し、ホースバンドもきっちりと締め上げた。

まずはアイドリングで10分放置プレイ。
おぉ。カブって止まらなくなった。これはオートチョークの不具合から開放されたということ(まぁついてないんだが。

そしてまた自分を疑いつつも意気揚々と試走。
また100mほどでガス欠のようにストールし、アイドリング状態で帰ってきた。
やはりこれは燃料供給が追っつかないんだろうと判断して、予備の勉強用に買って分解して遊んでたキャブと入れ替えた。ちょっと汚いんだけどね。

その際は、バキューム取り出し口がついているインテークも外してニップルもパーツクリーナーで吹いた。詰まりはもちろん無かった。
ついでにバキュームホースが長かったので最短で再セット。

そして走った。
なんということでしょう。
今度は500mほど走れました(涙目。
まぁ走ってまたガス欠みたいにストールするように回転が落ちたけども、エンストセずにアイドリング。そして押してる途中でまた乗って、ちょっと走ってまたガス欠みたいなw。
ようはアイドリング程度のガソリンは流れてるんでしょうな。

電磁ポンプつけてー!!
うりゃー!!

今回はタンクの中もしっかりと点検し、コックより後ろの配管もすべて途中で外してパーツクリーナーで吹いたが異常なし。これどういうことやー。

CDIなんか?そうなんか?
ということでヤフオクで実働車から外したというパーツ屋さんからジャイロXのCDIを落札した。
社外でも3000円程度~新品純正でも7500円(点火時期はどうせ削って調整するから純正でも良いねん)なんだけど、どうなんだーこれ。

☆最後の最後でひとつ。とんでもないことを忘れてた。
エアクリに追加した穴2つ。塞ぐの忘れてたのねーwww。まぁガスが薄くなるだけだから大丈夫かと思ったんだけど、そういえば前にも似たようなことがあったことを思い出した(でもこれ、今になってみるとオートチョークの不具合だったのかもしれん…。ド素人なんでよく理解できてない。

これだったらええんやけどなぁ。
今日は時間となったので試走は明日。
穴戻しで直ってなかったら、次はCDI交換して、ガソリンのフロート室までの流量をどうにかしなきゃだわね。というか、近々しなきゃだわよね。たぶん。
CDIだとある一定以上回らなかったり、エンジン自体かからなかったりで、始動はするけど途中でかぶりだして止まるのは通電後数分or温まると塞がるはずのオートチョーク…という定番のトラブルだといい…というか対処できるんだけどもなー。

ひとつずつ不安要素を取り払うおかげで、レストアみたいになってきたw。これはこれで楽しい。

しかし負圧コック省略したらいかんのかこれ(ぉぃ。

《これまでの流れ》

カテゴリー「ジャイロX」

↓不具合動画をすべて再生